①.まず男がカードを(文字が見えないように裏向きで)次のように置きます  ・好きなら:(下から)「す」「き」の順で重ねる  ・好きでなければ:(下から)「き」「す」の順で重ねる②.次に「き」カードを(男のカードの上にさらに)裏向きで重ねて置き③.さらに、そのカードの上に女が(文字が見えないように裏向きで)次のように置きます  ・好きなら:(下から)「き」「す」の順で重ねる  ・好きでなければ:(下から)「す」「き」の順で重ねる④.そして、5枚のカードを(どこで切ったか誰にもわからないように)適当な場所で切り、シャッフルする⑤.最後に、5枚のカードを、円を描くように並べて、カードを表向きにひっくり返すということをします。…すると、両思いなら「き」カードが3枚続けて並んでいて、そうでなければ「両思いではない」ということがわかる、というのが「ファイブ・カード・トリック(“five-card trick”)」です*。
(…)
実際にやってみると(…)両思いで無かったとき=「き」が3枚並びでなかった場合、男と女のどちらかの「片思い」だったのか(あるいは)別に片思いですらなかったのか…ということは、(男と女の本人たち以外には)わからないのです。
 「両思いか=カップル成立かどうか」を題材にしたゲームは、(昔ながらのプロポーズ大作戦的なフィーリングカップルなど)よくあります。しかし、そんなゲームの多くは両思いではなかった場合に、「片思いの状況」が周りにわかってしまうという切ない状況になったりします。…そんな哀しい状況を避けるためには、こんな「両思いかどうか」だけをヒミツに純粋に確認することができる!㊙愛情確認ゲームがお勧めかもしれませんね。
(via 雑学界の権威・平林純の考える科学)

①.まず男がカードを(文字が見えないように裏向きで)次のように置きます
  ・好きなら:(下から)「す」「き」の順で重ねる
  ・好きでなければ:(下から)「き」「す」の順で重ねる
②.次に「き」カードを(男のカードの上にさらに)裏向きで重ねて置き
③.さらに、そのカードの上に女が(文字が見えないように裏向きで)次のように置きます
  ・好きなら:(下から)「き」「す」の順で重ねる
  ・好きでなければ:(下から)「す」「き」の順で重ねる
④.そして、5枚のカードを(どこで切ったか誰にもわからないように)適当な場所で切り、シャッフルする
⑤.最後に、5枚のカードを、円を描くように並べて、カードを表向きにひっくり返す

ということをします。…すると、両思いなら「き」カードが3枚続けて並んでいて、そうでなければ「両思いではない」ということがわかる、というのが「ファイブ・カード・トリック(“five-card trick”)」です*。

(…)

実際にやってみると(…)両思いで無かったとき=「き」が3枚並びでなかった場合、男と女のどちらかの「片思い」だったのか(あるいは)別に片思いですらなかったのか…ということは、(男と女の本人たち以外には)わからないのです。

 「両思いか=カップル成立かどうか」を題材にしたゲームは、(昔ながらのプロポーズ大作戦的なフィーリングカップルなど)よくあります。しかし、そんなゲームの多くは両思いではなかった場合に、「片思いの状況」が周りにわかってしまうという切ない状況になったりします。…そんな哀しい状況を避けるためには、こんな「両思いかどうか」だけをヒミツに純粋に確認することができる!㊙愛情確認ゲームがお勧めかもしれませんね。

(via 雑学界の権威・平林純の考える科学)