Quote
"

先日、田端信太郎さんと『広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。』 http://goo.gl/IeoiDb について、カウンターを挟んで色々と話をしました。

そこで僕が「広告代理店不要論ってありますよね。あれはどう思いますか?」と質問したところ、田端さんの答えはこうでした。

「広告代理店はやっぱり必要なんですよ。間に入って、両方の意見を調節する人ってやっぱりすごく重要なんです。

本の編集者ってすごく必要ですよね。もちろん自分でプロデュース能力がある作家なら全部自分で書いてそれを読者にそのまま売るっていうことが出来るけど、そんな作家ってめったにいないじゃないですか。やっぱり編集者がいて、原稿やアイディアを『本』っていう形にまとめる人が必要なんですよね。

あるいはワインの輸入代理店なんかも必要だと思うんです。ワインの輸入代理店に対して『間に入っているだけで高いお金とりやがって』とは誰も言わないですよね」

確かにそうですよね。

ワインの輸入代理店さんはフランスやイタリアの現地に毎年通い、ワイン生産者と時間をかけてそのワインへの愛情を語り、たくさんテイスティングして、そして「これは日本の市場にあうし、値段的にもちょうど良い」と感じた者だけをセレクトして、輸入にかかる多くの面倒くさい手続きをクリヤーして、僕らのところに届けてくれるわけです。

編集者に関しては本当に重要さを僕はいつも感じます。例えば僕はずっと前、電子書籍で「小さいお店の始め方」みたいなのを出してみたいなと思って、色々と動いてみたのですが、全然無理でした。でも、ちゃんと出版社の編集者が、企画書を書いて、目次を作って、そして「林さん、こういう原稿を〇月〇日までに書いて下さい」と指定されて、言われるがままに原稿を渡していると、何かと「編集」してくれて『バーのマスターはなぜネクタイをしているのか?』 http://goo.gl/rz791t が出来上がりました。ただアイディアや原稿だけがあっても本は出来ないという典型的な例だったと思います。

たぶんこれからさらにインターネットが発達して、さらにすごい量の情報が世の中にあふれてくると、なおさら、編集者や広告代理店のような、「間に入って全部を調節して、クリエイターや場所を繋げて新しいモノや流れを作る人」が重要になってくるんでしょうね。

そう考えてみると「広告代理店」とか「編集者」とか「輸入代理店」という「名前」が、「本当にやっていること」と違っているのかもしれませんね。「代理」とか「編集」とかじゃなくて、もっともっと「創造的な行為をしているような言葉」がしっくりする世の中になっているのかもしれません。

"

bar bossa (via nowonsalesjapan)

(via nowonsalesjapan)

Quote
"

※土曜日は読む人が激減することが判明したので、個人的な話を。

たまに休日に妻が実家に帰ることがあって、そうなると僕の生活って本当にダメダメになっちゃうんです。

まず僕は全く料理が出来ないので(何度もトライしたのですがすごく不味い)、近所のコンビニのお弁当とか定食屋で食べることになるのですが、妻がいないとお昼からビールとか飲んじゃってグダグダになるんです。

さらに僕は趣味が「読書」と「音楽鑑賞」しかなくて、本屋とレコード屋をまわって、それをたくさん抱えて帰ってきて、ワインを飲みながらそれらを読んだり聞いたりしながらあっと言う間に休日が終わるんです。

たぶん独身だったらずっとこのパターンの繰り返しなんです。

でも、そういう男性って未婚既婚に関わらず、たくさんいますよね。

本当は海外旅行に行ったり、話題になっている演劇や落語とか体験したりしてみたいのですが、凝り固まってしまって新しい行動が出来ないんです。

           ※

でも、ほとんどの休日はもちろん妻は家にいて、僕が朝起きて犬と遊んでいると「今日は日本民藝館に濱田庄司展を見に行くよ」とか「今は上野の不忍池の蓮の花が見頃だから行くよ」とか勝手に予定を決めてくれているわけなんです。

そして、その妻が選ぶほとんどの「イベント」が僕が普段、全く興味がないものなんです。

僕は美術とか焼き物とか植物とか庭園とか全く興味がないのですが、行くとやっぱりすごくたくさんの発見があるんですよね。

やっぱり中国の皇帝がつくらせた白磁とか鬼気迫る美しさがあったりとか、日本の江戸時代の絵師の技術の高さに感動したりとか、何かと必ず新しい発見があって、僕の堅い頭がグニャリと解きほぐされる感覚が快感なんです。

ちょっと前の日曜日も妻が「今日は銀座に『マダム・イン・ニュー・ヨーク』っていう映画を見に行くよ」と言ったのですが、その日は大雨だってわかってたし、「今日は家でゆっくりしよう」と僕は主張したのですが、当然、「休日の過ごし方の選択権」は僕にはなく、大雨の中、銀座まで見に行ったんですね。

そしたらこの映画がもう涙ボロボロで、「言葉とコミュニケーション」という僕が常日頃考えているテーマを見事に描いている名作だったんです。

で、まあ、「いやあ、大雨の中、わざわざ見に来て良かったよ」と赤い目をしながら、銀座のワインバルで妻に伝えると、「まあ絶対にそう言うと思ってたけどね」と妻は言うわけです。

多くの男性が「凝り固まった一つの生活パターン」や「決まった一つの交友関係」だけで暮らしていると思います。

それだけで満足するのも「アリ」だとは思うのですが、うちの妻のように「無理矢理にでも」違う世界を見せるのも「アリ」だと思います。

ちなみに妻は必ず「それで気づいたことを原稿にして、お金にするように」と言いますが…

"

bar bossa (via nowonsalesjapan)

(via nowonsalesjapan)

Quote
"

流産・死産の割合は、1~2階で6.0%、3~5階で8.8%、6階以上で20.88%、と高くなるにしがたい、増加していました。その後継続的な調査を行い追加データを取っていますが、ほぼ同じような割合で推移しています。

―――どのようなきっかけで、このような研究調査をしたのでしょうか。  

高層マンションで6階以上であればエレベーターの設置義務がありますが、5階以下では設置義務がなく階段を使わざるを得ないので、階段の上り下りの激しい運動によって流産率が高くなる、という説がありました。  

これを裏付けるデータを取ろうと考えていました。しかし、結果を見ると予想とは違って、5階以下より6階以上の方が明らかに流産・死産の経験者が多いということが分かったのです。

◇6階以上&33歳以上では44%が流産

―――その後の研究で、どのようなことが分かりましたか。

今年、2010年7月に行われた「日本臨床環境医学会学術集会」に、新たな研究を発表しました。

2008年5月までの10年間に、横浜市内の3箇所の保健所で子供検診をした母親にアンケート調査を行ったもので、母数は、集合住宅に居住する1,957名です。  

その結果、1、2階の住居者の流産経験者の割合は8.9%、3~5階は9.2%、6~9階は17.8%、10階以上は21.4%でした。  

これを年齢別に見てみると、27歳以下では、どの階も5%前後、平均5.3%で、違いはあまりありませんでした。ところが28~32歳では、1、2階の住居者の流産経験者の割合は10.2%、3~5階は9.0%、6~9階は17.6%、10階以上は21.1%で、平均10.5%でした。  33歳以上では、1、2階の住居者の流産経験者の割合は22.4%、3~5階は21.1%、6~9階は38.1%

"

マスコミが報道できない「高層階病」の実態 6階以上&33歳以上で44%流産:MyNewsJapan

Quote
"最終的に検索エンジンは意味論を解釈するようになるが、それを実現するのは、IBMかMSかOracleかGoogleかはわかんらない。ただ、現状では最もグーグルが意味論を理解できない検索エンジンである。最も近いのが、IBMのビックブルーに搭載されたAIである。"

hogehoge SEO on Twitter

Photo
(via https://twitter.com/fukidasu_gazou/status/509201325209300993/photo/1)
Quote
"

これちょっと西洋人と違うところですね、西洋人はもっと教養主義的な考え方をしているので、たとえば美術館に行くのは美術を勉強するためであって、目を養うためって、はっきり言ってます。だから、美術館に行って良いものを良いと見るのではなくて、なんで良いのかを考えて、書いてある本を読んで、しっかり学んで美術館に行くっていうアプローチをするんです。

ところがそれに対して日本人が美術館に行くっていうのは、中にある素敵な絵を見て、自分の心が感動すればそれで良いんだっていうふうに考える。つまり、何か芸術的なものだとか美を鑑賞するのに、あらかじめ勉強っていうのは不純物であって、何か色々書いてある評論を読むというのはやらなくても良い、それ以前に分かれば一番素晴らしい、という考え方しちゃうんです。

"

ノート書きます、フミですから。: 【文字起こし】スマートノート原形